ネロ・クラウディウス 〜芸術と民を愛し、愛された皇帝〜

ローマ

「何と惜しい芸術家が、私の死によって失われる事か」

そう言い残してこの世を去ったとされるローマ帝国第5皇帝ネロ・クラウディウス。

暴君として語られることの多いネロだが、その生涯はどのようなものだったのだろうか。

ローマ皇帝 ネロ・クラウディウスの即位

ネロは母、小アグリッピナが巡らした計略によって第4皇帝クラウディウスの後を継いで、

16歳でローマ帝国第5皇帝ネロ・クラウディウス・カエサル・ドルーススとして即位した。

ネロは家庭教師で哲学者であったセネカという人物とセクストゥス・ブルッスという人物から政治について教えを受けた。

名君ネロ

セネカやブルッスの教えの甲斐あってか、ネロは即位からしばらくの間は名君としてローマ市民からも支持を得ていた。

しかし、この頃から母親の小アグリッピナとの関係に曇りが現れ始めていた。

小アグリッピナはネロの政治について口出しする頃が多く、最初の頃は母の指示にもしたがっていたが、数年後には母の存在が邪魔になってくるようになった。

この母との関係の悪化がのちのネロにも大きな影響を与えてくる。

母殺しとアクテ

だんだんと関係を悪化させていくネロと小アグリッピナだが、その関係がいよいよ限界を迎えることになる。

ネロには先代の皇帝クラウディウスの娘のオクタヴィアという妻がいたが、

ネロは解放奴隷のアクテという女性を寵愛するようになっていく。そのことを知った小アグリッピナはアクテをローマから追放しようとするが、セネカの図らいもあって阻止される。

このことがあってネロは母に強い怒りを覚えるようになる。

そしてついに殺害することを決意する。

ネロは母小アグリッピナの暗殺命令を出す。

暗殺は1度目は失敗し2度目でようやく成功し、ネロは母から解放されることになる。

「母殺し」というという汚名を着せられることになるネロだが、ローマ市民は小アグリッピナのネロへの強い束縛のことも知っていたため、その後もネロは支持され続ける。

しかし、その後ネロがポッパエア・サビナという女性に惹かれて結婚し、前妻のオクタヴィアが不倫の罪で処刑されたことで

市民のネロを見る目に疑いが混じり始めることになる。

ローマの大火

ネロの在位中ローマでは世界三大大火の一つである「ローマの大火」が発生している。

この火災ではローマ市の3分の2が消失し、甚大な被害を与えた。

しかしこれでも被害はネロの指示によって最小限に留められたという。

ネロに批判的だった当時の歴史家のタキトゥスも「人間の知恵の限りをつくした有効な施策であった」と言っている。

また、ネロはその後今回の火災の反省を踏まえて消化活動が行えなかった住宅地や道路の整備や建物の高さの制限などをしてこれからの火災の被害を抑えられるようにした。被害を受けた者への救済のために仮設住居の建設や食糧の配給もし、市民への対応も行った。

市民もこうしたネロの施策を称賛したという。

キリスト教徒の迫害

市民はネロの対応を称賛する者も多かったが、中には「ネロが放火した」と噂する声もあったようで、ネロはこういった噂をなくすために当時もう一つの噂で放火の犯人とされていたキリスト教徒を迫害した。この時に初代ローマ教皇であったペテロも殉教したとされていることから、

ネロが後世において暴君とされる所以の大部分になっている。

一方でローマ市民の反応はどうだったかというと、ローマで当時信仰されたいたのは多神教でありキリスト教はまだできたばかりだったため、一神教であるキリスト教は怪しい新興宗教という位置づけであったのでキリスト教を嫌悪する者も多かった。それなので市民の反応はそこまで悪いものでもなく、怪しい宗教を粛清したという位置付けだった。

国家の敵、そして記憶の断罪

母や妻殺し、放火の疑いなどが重なって、ネロへの市民の見る目にゆらぎが見え始めた頃、

当時ネロと敵対していた元老院はこれを利用してネロを「国家の敵」とみなす公敵宣言を出した。

この宣言によってネロはローマから追われ、自分を捕らえようとする軍隊が出されたことを知り、

自らの名誉を守るために己の喉を剣で突き刺して自殺した。

だが、元老院はそれだけでは許さなかった。

そして「記憶の断罪」というものを行った。

記憶の断罪とは、国家の敵となった者を人々の記憶から消し、歴史から抹消するために、

その者に関する資料や建造物を破棄するといったものだ。

完全に忘れ去られることは無かったものの、ネロに関する歴史書や資料は彼を暴君として描いている物ばかりが残ることになった。

元老院との対立がネロが暴君として皇帝から引きずり落とされる原因となった。

民に愛される皇帝

最終的に「国家の敵」としてローマから追われることになったネロだが、市民からは愛されていた。

妻殺しや放火の疑いこそあったものの彼は市民から人気を博していた。

その理由としてはネロが市民に多くの娯楽を与えていたことが大きい。

その例として大浴場(テルマエ)を建設したことがあげられる。

ネロによってローマには大浴場という市民の交流の場ができ、市民達も多く訪れ楽しんだ。

また、ネロ祭というギリシャのオリンピアに対抗するための催しが作られた。

ネロ祭では運動や芸術の競技があった。

ネロ自身も竪琴を披露し喝采を受けた。市民も競技に参加し、大いに盛り上がった。

オリンピアにも参加し、もちろん接待だが1800の栄冠を手にしたという逸話が残っている。

歌のワンマンコンサートも行ったが、こちらはあまり上手くなかったようで帰る観客が続出したため、衛兵によって劇場から出られなくしたらしい。

それでもネロがしばらくローマから離れ、帰ってきた時にはワンマンコンサートも歓迎されたという。

そんなネロだが、公敵宣言が出され記憶の断罪を受けた後でも、その墓にはローマ市民からの花や供物が絶えることはなく、のちの皇帝ウィテリウスは慰霊祭を催し市民を喜ばせた。

ネロ・クラウディウス

暴君として広く知られるローマ帝国第5皇帝ネロ・クラウディウス

最終的に国家の敵とされた彼は今の時代こそ暴君とされているものの、当時のローマ市民たちからはローマの華として愛されていたのかもしれない。

参考文献


教養としての「ローマ史」の読み方 [ 本村凌二 ]

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 公立高校教師YouTuberが書いた [ 山崎 圭一 ]

歴史ランキングブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました