キルケー〜オデュッセウスに恋をした魔女〜

ギリシャ神話

キルケー。

彼女はアイアイエー島に住む魔女であり、気に入った人間を愛した後に家畜に変身させて暮らしていた。

彼女が家畜に囲まれて暮らしていると、ある時一隻の船が島にやってくる。

そして、キルケーはその船から降りてきた男に本当の恋をすることになる。

裏切りの魔女を育てる

キルケーにはアイエテス(メディアの父)という兄とパシパエ(ミノタウロスの母)という妹がいた。

キルケーは姪であるメディアに自身が培ってきた魔術を授けた。

しばらくして、そのメディアが再びアイアイエー島にアルゴー船に乗って戻ってくる。

アルゴー船とは英雄イアソンとその仲間の英雄たちがコルキスの金羊毛という物を手に入れるために協力して旅していた時に乗っていた船だ。

アルゴー船がアイアイエー島にやって来たのは金羊毛を手に入れた後だった。

イアソンとメディアに島に来た理由を聞くと清めの儀式をして欲しいというものだった。

金羊毛を手に入れるために犯した殺人の罪によって神々の怒りをかってしまったため、キルケーの動物を使った清めの儀式をして欲しいとのことだった。

姪に頼まれたため、キルケーは聞き入れて清めの儀式を行った。

儀式を行った時にキルケーは姪が殺したのが彼女の弟であり自身の甥であることを知ったが、知らないふりをしてアルゴー船を見送った。

怪物スキュラ

キルケーはある時グラウコスという神に頼み事をされる。

グラウコスはスキュラという乙女に恋をしたが彼女に振り向いてもらえないため、惚れ薬を作って欲しいと頼まれる。

キルケーは神という存在に魅力を感じ、グラウコスと恋仲になろうとするが、グラウコスがスキュラに一途だったため、キルケーは怒り、スキュラを首が何本も生える怪物に変身させてしまう。

その後怪物となったスキュラは、

トロイア戦争を終えて帰国途中のオデュッセウスの船を襲うことになる。

これはキルケーが彼を愛したことを知ったため、キルケーへの復讐のために行ったことだといわれている。

オデュッセウスへの恋

そして、キルケーが初めて本気で恋をすることになる相手がやってくる。

トロイア戦争の英雄オデュッセウスだ。

オデュッセウスはトロイア戦争を終えて帰国する途中に神々の怒りをかったことなどが原因となって帰国するのに難航していた。

そして、食糧に困っている時に辿りついたのがアイアイエー島だ。

まず始めに彼の部下たちがキルケーの館にやってくる。

キルケーは彼らに眠り薬入りのぶどう酒を飲ませた後に魔術をかけて豚に変身させた。

オデュッセウスは部下たちが戻ってこないことを不思議に思い、自身も館に入った。

そしてキルケーに勧められるままにぶどう酒を飲んだ。

だがオデュッセウスは眠らなかった。

彼は伝達の神であるヘルメスから助言を受け、魔術を防ぐ薬を貰って飲んでいた。

初めて自分の眠り薬が効かず、家畜に変えることに失敗したキルケーは、自分と同じく力を持った人間が現れたことを歓迎し、次第にオデュッセウスに惹かれていった。

その後和解し、意気投合した2人は1年を共に過ごした。

しかし、その時間も終わりを迎えることになる。

キルケーはオデュッセウスから愛する妻がいることを聞かされ、その妻に会いに帰るために先を急がなければならないと伝えられる。

キルケーはオデュッセウスが去ることを悲しんだが、愛した人物が愛する者に会いにいくことを受け入れ、オデュッセウスがその後の帰路での困難に立ち向かえるようにいくつかの助言を与え、オデュッセウスたちが乗った船が去っていくのを見守った。

こうして彼女の恋は終わりを迎えた。

参考書籍


ギリシャ神話【電子書籍】[ 山室静 ]

マンガ 面白いほどよくわかる!ギリシャ神話 [ かみゆ歴史編集部 編 ]
ブログランキング・にほんブログ村へ
偉人・歴史人物ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました