桔梗(キキョウ)

こんにちは、シダです。

今回紹介する花は「桔梗(キキョウ)」です。

桔梗は古くから日本に馴染みのある花で、家紋などに広く使用されています。

そんな桔梗の花言葉は「永遠の愛」です。

ロマンチックな花言葉ですね。

これから桔梗について詳しく紹介していきます。

桔梗とはどんな花?

桔梗の基本情報は以下のものになります。

  桔梗(キキョウ)
科・属 キキョウ科・キキョウ属
和名 桔梗
英名 Balloon flower
学名 Platycodon grandiflorus
開花期 6月中旬〜9月頃
紫,白

桔梗の英名である「Balloon flower」は、桔梗のつぼみが風船のようであったことから付けられたと言われています。

桔梗のつぼみ

桔梗と言えば紫色の花のイメージが強いですが、白色の花も存在しています。

白色の桔梗

花言葉の由来

桔梗の花言葉である「永遠の愛」にはこんな由来があります。

その昔、若い娘がおり、その若い娘は離れてしまった恋人の帰りを一生待ち続けました。

この若い娘の恋人を想って待ち続ける姿から「永遠の愛」という花言葉が付けられたと言われています。

朝貌の花

桔梗は秋の七草の一つでもあり、万葉集にも登場しています。

山上憶良が詠んだ、

萩の花 尾花葛花 なでしこの花
   をみなへし また藤袴 朝貌(あさがほ)の花

この「朝貌の花」が桔梗だと言われています。

ちなみに「朝顔(アサガオ)」はこの歌が詠まれた当時はまだ日本に伝来していませんでした。

悲劇の家紋:桔梗紋

桔梗は古くから日本に馴染みのある花で、家紋としてもたくさんの家で使われてきました。

あの明智光秀も桔梗紋を使用しています。

桔梗紋

そんな桔梗紋ですが、実は「悲劇の家紋」という不吉な呼ばれ方もしています。

桔梗紋を使用した人物には以下の人物がいます。

・明智光秀

・加藤清正

・坂本龍馬

明智光秀は知っての通り主君であった織田信長に謀反を起こし「本能寺の変」で討ち取りますが、その後直ぐに豊臣秀吉に討たれ、「三日天下」という屈辱的な印象が後世にも残ってしまいました。

また、加藤清正も豊臣秀吉のもとで活躍しましたが、最後には不可解な死に方をされたとされ(毒殺説などが存在する)、清正の死後加藤家は領地を没収され大名を辞めさせられてしまいます。

坂本龍馬は日本史で1番有名な暗殺をされてしまいます。

このように桔梗紋を使用した人物は悲劇的な目にあっている人物が多いことから桔梗紋は「悲劇の家紋」と呼ばれています。

贈り物に

「永遠の愛」という花言葉を持つ桔梗ですが、贈り物として誰かにプレゼントしたいときはどのようにプレゼントするのが良いのでしょうか。

1番定番となっている贈り方は「プロポーズとして」です。

「永遠の愛」という花言葉を持つ桔梗なので、プロポーズの時に相手に渡す花としてよく使われています。

その他の贈り方としては「結婚記念日に」贈られることが多いです。

結婚記念日にもう1度2人の愛を確かめる形でパートナーに贈る人も多いです。

今日も一日花語る。

以上が桔梗についての紹介です。

桔梗の花言葉が素敵だと感じた人は是非周りの家族や友人などにも教えてあげてください。

それでは、今日もより良い花との生活を。

ブログランキング・にほんブログ村へ


花言葉ランキング

最新情報をチェックしよう!

愛の花言葉の最新記事8件