ケイローン〜英雄たちを育てた賢者〜

神話・伝説

ケイローン。

彼は数々の英雄を育て、偉大な賢者として知られているケンタウロスだ。

英雄の師であるケイローンの生涯はどのようなものだったのか。

半人半馬の姿で産まれた賢者

ケイローンはゼウスの父である時の神クロノスとニンフのフィリラとの間に産まれる。

クロノスはフィリラと会う時に、クロノスの妻であるレアにバレないように馬の姿に変身して会っていたため、2人の間に産まれたケイローンは半人半馬のケンタウロスの姿で生まれた。

通常、ケンタウロスは暴力的で野蛮な生物だったが、ケイローンは神であるアポロン・アルテミス兄妹に愛され、音楽、医術、予言など、様々な知恵を2人から授かったため、ケンタウロスであるのにも関わらず賢い知恵を持った賢者となった。

英雄たちを育てる

成長したケイローンはペーリオン山の洞穴に住み、薬草を作って近くの病人を助ける傍ら、彼に教えを請いにくる者たちも多く、彼が教えた者たちは英雄として名を馳せることになる。

彼が教えた英雄としては、ギリシャ1の英雄ヘラクレス、トロイアの英雄アキレウス、英雄をまとめ上げたアルゴー船の船長イアソン、医神アスクレピオスなどがいる。

どれもギリシャ神話において非常に有名な英雄たちだ。

これらの英雄をケイローンは育てた。

いかに彼の教育が優秀だったかがわかるだろう。

愛弟子の手によって天に昇る

こうしてたくさんの英雄を育てていたケイローンだが、ある時

他のケンタウロスたちが自分のすみかに逃げ込んでくる。

彼らはヘラクレスに命を狙われていると言った。

事情を聞くと、彼らがいたずら心でヘラクレスの酒を飲んでしまったところ、ヘラクレスが激怒して命を狙っているというのだ。

そこにヘラクレスがやってきて、ケンタウロスたちを弓矢で打ったところ、その矢が誤ってケイローンに刺さってしまう。

ケイローンは神の子であるため不死性を持っていたが、矢に塗られていたヒュドラの毒が猛毒であったためたちまち苦しみ出すが、死ねないためずっと苦しみ続ける。

そして、苦しみに耐えられなくなったケイローンはヘラクレスに神々に頼んで自身の不死性を無くしてくれるように頼み、ヘラクレスはそれを悲しみながら受け入れ、神々に頼んでケイローンの不死性をプロメテウスに譲り、ケイローンは静かにその生涯を終える。

ケイローンはその後、ゼウスが英雄たちを育てた功績から天へ昇らせて「射手座」になった。

ケイローン

ケンタウロスとして産まれ、授かった知恵を活かして数々の英雄たちを育てた賢者ケイローンは、

現在も射手座として多くの人々に親しまれている。

参考書籍


四季の星座神話 美しい星座絵でたどる [ 沼沢茂美 ]

歴史ランキングブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました