シャルロット・コルデー〜フランス革命に舞い降りた暗殺の天使〜

フランス

シャルロット・コルデー。

彼女はフランス革命において革命指導者であり恐怖政治を推進した

ジャコバン派のジャン=ポール・マラーを暗殺した女性だ。

マラー暗殺後シャルロットは死刑判決を受け、処刑されるが、処刑台に登っていく姿を観た民衆はシャルロットのあまりの美貌に息を飲んだ。

そして彼女は「暗殺の天使」として後世に語り継がれることとなった。

また、死刑される寸前までの彼女の堂々とした態度は、シャルロットを処刑したシャルル・アンリ・サンソンでさえ、自身の日記に彼女のことを書くほどだった。

暗殺の天使と言われたシャルロット・コルデーとはどのような女性だったのか。


Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点EX 深海電脳楽土 SE.RA.PH (1) (角川コミックス・エース) [ 西出 ケンゴロー ]

生い立ち

シャルロット・コルデーは三大古典詩人の一人、コルネイユの子孫として産まれた。

その後母と死別し修道院に入ったが、フランス革命によってできた革命政府によって修道院が閉鎖されたため、パリに上京することとなる。

シャルロットは恐怖政治を進めるジャコバン派を嫌悪して、ジャコバン派にとの政治闘争に敗れたジロンド派を支持するようになる。

シャルロットはジロンド派の議員と話をして、ジャコバン派の恐怖政治の様子を知ることとなる。

こうしてジャコバン派の恐怖政治を止めるために、当時有力な指導者であったジャン=ポール・マラーを暗殺することを決意する。

ジャン=ポール・マラー

ジャン=ポール・マラーの暗殺

シャルロットはパリに上京してからわずか4日でマラー暗殺を実行した。

シャルロットはマラーの家に出向き、門番に中に入れてくれるように頼んだ。門番はどうするか迷ったが風呂に入っていたマラーが中に入れるように指示する。

マラーは皮膚病を患っており、薬湯で湯治中だった。

マラーはシャルロットの姿と声をから革命に熱心な少女とでも思ったのだろう。

それが、命取りだった。

家の中に入ったシャルロットはすぐに浴槽へと向かい、隠し持っていた包丁で心臓を刺した。

マラーはすぐに絶命し、シャルロットの暗殺は成功する。

その後その場にとどまっていたシャルロットは捕縛され、裁判によって死刑が確定する。


コーヒー豆 送料無料 プレミアムブレンド『信長』『信長のアイス珈琲』Hot&Ice♪-250g メール便 コーヒー豆 レギュラーコーヒー アラビカ豆 コヒー豆 ポイント消化 内祝い ホワイトデー お返し 父 日 退職祝い 男性 グルメ スーパーセール

暗殺の天使が処刑台に降り立つ

こうして死刑判決が下されたシャルロットだが、その態度は怯えることなく堂々としたものだった。

シャルロットは最後に自身の肖像画を描いてもらうことだけを希望し処刑台へと向かった。

こうしてジロンド派の有力者ジャン=ポール・マラーを暗殺した暗殺の天使、シャルロット・コルデーは処刑された。

シャルロット・コルデー

暗殺という行為は残酷なものだが、それでもなお暗殺の天使として人々に語り継がれたシャルロット・コルデーにはその美貌の他にも惹かれてしまう何かがあったのかもしれない。


暗殺が変えた世界史 上 カエサルからフランツ=フェルディナントまで [ ジャン=クリストフ・ビュイッソン ]

偉人・歴史人物ランキングブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました