アステリオス〜ミノタウロスと呼ばれた怪物〜

ギリシャ神話

アステリオス。

彼はミノタウロスという名で有名だ。

迷宮の中で人々を喰らう、牛頭人身の怪物。

そして彼はテセウスによって討伐された。

テセウスは英雄として名を馳せ、アステリオスは人々を喰らった凶悪な怪物と語り継がれることになった。

怪物と言われているアステリオスとはどんな生い立ちを送ったのだろうか。

雄牛とパシパエの間に産まれる

アステリオスの出生にはこんな伝説がある。

クレタ島の王、ミノス王は王座につくために兄弟たちと争った過去を持っていた。

その争いの時にミノス王は海の大神であるポセイドンに自分を支持してくれるように頼み、支持の証としてポセイドンの持つ白い雄牛を自身に貸してくれるように頼んだ。

こうしてミノス王はポセイドンから雄牛を借り受けて兄弟たちとの王座の争いに勝つ事ができた。

しかし、ミノス王は王座争いに勝ったあとも牡牛のあまりの美しさに雄牛をポセイドンに返したくなくなり、違う牛をポセイドンの牛と偽ってポセイドンに渡してしまう。

返された牛が自身の牛でない事を知って激怒したポセイドンは、報復としてミノス王の妃のパシパエに、雄牛に恋するようになる呪いをかける。

こうして雄牛に恋をしたパシパエは、雄牛と交わりアステリオスを産む。

そんな雄牛とパシパエの間から産まれたアステリオスは、牛頭人身の姿だった。

このことからアステリオスは「ミノス王の牛」という意味の「ミノタウロス」と呼ばれることになる。

アステリオスは成長するに連れて荒々しくなり、たびたび暴れだすようになる。

手に追えなくなったミノス王は技師であるダイダロスに命じて迷宮を造らせ、アステリオスを閉じ込めた。ミノス王は食料として若者を14人迷宮の中に一定の期間ごとに送るようにした。

こうしてアステリオスは迷宮に住まう怪物となりミノス王によって送り込まれた人々を喰らうようになった。

そんな人々を喰らう怪物はその後ギリシャの英雄テセウスの手によって討伐されることになる。

テセウスとの戦い

人々を喰らう迷宮の怪物としてギリシャ中で知られる事になったアステリオスは、

アステリオスを倒すためにやってきたギリシャの英雄テセウスに討伐される。

テセウスはアステリオスと闘うために、ミノス王に頼んで自身を3度目のアステリオスの食料として迷宮に送り込まれる人々の1人にしてもらった。

テセウスは望み通り迷宮の中でアステリオスと対峙する。

両者は激戦を繰り広げたが、最終的にテセウスが勝利する。

その後、テセウスはミノタウロスを倒した英雄として自身の名声を高めることとなった。

こうして雄牛と王妃の間に産まれ、迷宮の怪物と言われたアステリオスはその生涯を終えた。

ミノス王のエゴによって産み出された怪物は、悲しい生き物だったのかもしれない。

参考書籍


マンガ 面白いほどよくわかる!ギリシャ神話 [ かみゆ歴史編集部 編 ]
ブログランキング・にほんブログ村へ
神話ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました